便秘の漢方薬解説 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
便秘の漢方薬解説

便秘の原因には癌(ガン)、炎症、癒着により腸が狭窄(せまく)になってい、そのため便秘になる事があります。ですが、慢性的に悩んでおられる方の多くは腸の機能や栄養に問題がある場合がほとんどです。
便秘の方の中には腸を直接刺激することで、ひとまず出す下剤で酷い腹痛や下痢で悩まれる方が多くおられます。
漢方薬は、その方の体質や状態を把握して服用することにより、体質改善(根本をなおす)する事が可能です。便がコロコロしており、冷え性、やせ型の方には芍薬や附子(ぶし)を配合した漢方薬、逆に体力があり、体格もしっかりされている方には大黄や桃仁を配合した漢方薬をお勧めします。どの方においても便秘以外の症状を見逃さないことが大切です。
日常生活においては、規則的な排便習慣を作る事、繊維質の野菜を多くとる事が大切です。
上記ができない方にはグロスキューをお勧めいたします。

<習慣性便秘>

排便習慣が環境の変化などにより変わる事が最大の原因です。女性に多く、職場環境の変化、産後なども要因になっています。
排便がない時だけ、便秘薬を服用して、だんだん服用量を多くなってしまう方が多くおられます。この服用方法が一番身体に良くないです。
適切な漢方薬を毎日服用しましょう。排便の習慣を作る事が重要です。習慣がついたら、少しずつ漢方薬の服用量を減らし繊維質の多い野菜等を増やしていきましょう。

<弛緩性便秘>

大腸の筋肉が緩み、蠕動運動が弱くに行われないために、便がスムーズに流れず長い間腸内にあるため、便の水分が腸に吸収され、便がコロコロとなり、より排便しずらい状態になります。腹筋が弱く体力のない方、高齢者に多くみられます。上記の習慣性便秘と合併されている方が多くおられます。
漢方薬で新陳代謝を高め、緩んだ大腸の筋肉をしめる事が大切です。黄耆や芍薬といった薬草を配合した漢方薬を服用し体質改善をして頂きます。

<神経性便秘>

痙攣性便秘とも言われてます。大腸が痙攣して細くなり、便の通過が悪くなったためにおこる便秘で過敏性腸症候群の方に多く見られます。決して太い便は出ず、残便感、下腹部の膨満感、腹痛などを伴います。このタイプの方は下剤を服用しても、しぶるか下痢をされます。痙攣の要因は精神的ストレス、イライラ、うつ等です。神経性便秘は下剤の量が少なく、枳実や薄荷を配合した漢方薬で改善がみれる場合がよくあります。

<便秘に頻用される漢方薬>

様々な症状に応じて漢方薬を使い分けます。主な漢方薬は以下のとおりです。
加味逍遥散環元清血飲桂枝加黄耆湯桂枝茯苓丸料大黄甘草湯黄耆建中湯冠源活血丸三黄瀉心湯桃核承気湯婦人華麻子仁丸大黄牡丹皮湯冠脉通塞丸冠心逐お丹小建中湯防風通聖散大柴胡湯桂枝加芍薬湯桂枝加芍薬大黄湯調胃承気湯、カミセーヌC、キュウキイン、ケイヨック、シギロン、トーガックV、ダイサインV、マシニーンV

しっかりカウンセリングをし、その方の症状や状態に合わせて漢方薬を配合いたします。 飲み続けるうちに体質改善(身体機能の改善)され、排便がスムーズになります。

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー