アルコール性肝炎 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
アルコール性肝炎

肝臓は肝心かなめの言葉のように身体にとってとても大切な役割をしております。食べた物は消化管から吸収されると肝臓に入ります。そして代謝によって私達の身体が必要なものをすべて作り、保管しています。血液の倉庫とも言われております。また身体に有害なものの解毒・分解や胆汁の精製などの多くの働きをします。

<アルコールと肝臓>

アルコールの解毒・分解も肝臓の仕事です。アルコールはまずアルコール脱水素酵素の働きによってアセトアルデヒドに分解されます。その後アルコール脱水素酵素(ADH)の働きによりアセトアルデヒドに分解され、さらにアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酸化され、酢酸に変わります。肝臓で分解しきれなかったアルコールは、肝静脈を通って心臓に送られ、ここから脳はもちろん全身へと巡っていき、再び肝臓に戻って分解されます。肝臓でできた酢酸は、全身を巡るうちに水と炭酸ガスに分解され、最後には体の外に出ていきます。体に入ったアルコールのごく一部は、体内で処理されないまま、尿や汗、呼気となって、体の外に出ていきます

<アルコール性肝炎>

アルコールの多量飲酒や長期の服用で飲みすぎが続くと、アルコール性肝炎になります。これはアルコール代謝の過程でできるアセトアルデヒドによって、肝細胞が壊されてしまう病気です。肝炎になってもお酒をお酒を飲み続けていると、いずれ肝硬変へと進行していきます。肝硬変になってしまうと、死につながることになりますから、少なくとも、脂肪肝や肝炎の状態で完全に治療しておくことが、たいへん重要になります。

アルコール性の肝臓障害の非常によい判定目安になっているのが、ガンマーGTPの値です。γーGTPはお酒に影響をたいへん受けやすい酵素で、これが上昇してくると危険です。γーGTPは、お酒をやめると自然に下降していきます。 アルコール性肝炎の漢方療法

漢方薬ではお客様の病状、体力などを考慮し、柴胡剤や解毒剤や利水剤で慢性的な肝炎の治療を行います。健康診断にはひっかかるが、無症状な場合も多く、治療を避けられがちな肝炎ですが、ほっておくと肝硬変・肝臓癌へと病状が移行する場合もありますので、早めの治療をおすすめ致します。

<月経前緊張症に頻用される漢方薬>

当たり前の事を書きますが、肝臓を休め、肝臓に良い栄養を摂りましょう

高タンパク質、ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取する 暴飲・暴食は避け、食後は安静にする

アルコールがやめられない方や休肝日が作れない方にもしっかりと相談を受け付けております。

しっかりカウンセリングをし、その方の症状や状態に合わせて漢方薬を配合いたします。 飲み続けるうちに体質改善(身体機能の改善)され,症状の軽減がみられる事が多くあります。 最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー