更年期障害の漢方治療 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
更年期障害の漢方治療

更年期というのは通常は約42歳~55歳程度を指します。
もちろん上記の年齢以外の方でも、男性でも更年期障害はおこります。
一般的な原因としては、卵巣の老化による女性ホルモンの低下です。
ですが、肉体的な変化によるものだけではないとカウンセリングをしながら感じます。

  • 夫婦間のトラブル
  • 育児によるストレス
  • 子供の独立による寂しさ
  • 老後への不安
等の精神的な要因も加わる事によって多種多様な自覚症状<不安愁訴>がみられるようになります。

<症状>

・熱感、頭痛、シビレ感、吐き気、冷え性、頭重感、発汗、食欲不振、動悸、めまい、皮膚の衰え、下痢、肩こり、不眠、便秘、腰痛、不安感
などと、その人の体質や、環境によっても症状は様々です。

<更年期障害の漢方治療>

漢方薬では古くから”瘀血”というとらえ方があります。瘀血は血の流れが滞り、本来の血の働きが行えなくなった状態です

これは、女性特有の生理的変動などによる様々な心身症状を指すもので、治療面でもこうした症状に効果がる多数の処方が用意されています。漢方医学では主に「血の道症」を「血」と「気」のバランスの失調とみなし、それを是正する処方を用います。また、「腎虚」といって、若さやホルモンのバランス、精力、子宮などをつかさどっているところが衰えてくるために、バランスを崩してしまうという考えでの治療薬もあります。

主に「気」のバランスが崩れ、気滞を取り除くことに重点が置かれる時は、紫蘇葉、半夏、厚朴、枳実といった薬草を配合した漢方薬を服用して頂く事が多いです。自覚症状としては、不眠、うつ、落ち込み、イライラ、息苦しさ、喉や胸のつかえた感じ、頭重などがあげられます。

更年期障害の漢方治療は、患者様の自覚症状や体質に対応させて、複数の薬草を組み合わせて配合されます。ですので、西洋薬と違い様々な症状に対応できるメリットがあります。また体質改善をいたしますので、再発防止にも最適です。

しっかりカウンセリングをし、その方の症状や状態に合わせて漢方薬を配合いたします。 飲み続けるうちに体質改善(身体機能の改善)され,症状の軽減がみられる事が多くあります。 最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー