腰痛の漢方療法 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
腰痛の漢方療法

西洋医学では腰の痛みのうち何の検査をしても原因が分からないものを、腰痛症と呼んでいます。
原因はその方でそれぞれです。
長い間、仕事で重いものを持ったり、腰を曲げたりなどで腰に負担をかけてきた人、運動不足の人、年配の人などによく見られます。
腰痛症の場合は、安静にする事により症状が和らぐのが特徴です。一方、腰痛は椎間板ヘルニアや骨粗しょう症などの骨の病気、腎臓や子宮の病気で起こることがあります。

漢方では腰痛症は、、”血(けつ)” や ”水(すい)”の滞り、冷えなどと、「腎」の働きの低下が関係していると考えます。腎は腎臓のことだけではなく、泌尿器や生殖器の機能なども含めた働きの事をいいます。また血は血液とその働き、水は体液や尿など身体内の赤くない水分を示しています。
年配の方は、夜中の頻尿、排尿困難、冷え、下肢の痛みなどを伴うことから、腎虚が原因で腰痛が起きると考えられ、腎虚を改善する八味地黄丸や牛車腎気丸などが用いられることが多いようです。
一方、女性に多いのは「お血(けつ)」による腰痛。冷えや生理に伴うトラブル(痛みや不快症状、不順など)を併せ持っている場合がよく見られます。そのためお血をとる当帰建中湯、疎経活血湯等を用いて治療を進めていきます。

「お血(けつ)」とは”尻?”
と勘違いされがちですが、お(=やまいだれに於)血で、血液の滞りや古い血を意味します。どんな疾患でも、長期に患った場合、このお血を合併することが多くあります。

またギックリ腰などの急性の腰痛には、筋肉の緊張をとるとされる芍薬甘草湯でよい効果が得られることもあります。

漢方の診察では、一見、腰痛とはあまり関係ないように思われることを問診で尋ねたり、舌や顔色を診たりすることがありますが、これも原因を探るために必要な診察です。 また、慢性的な腰痛の改善や体質改善を目的にする場合は、長期にわたる服用が必要となります。腰痛改善は時間がかかります。

上記に提示した漢方薬は病院で保険適用いたします。ただ本格的な煎じ薬や散剤、丸剤のお求めは当薬局までお願いします。また佐賀の腰痛の妙薬腰専門の取扱いもございます。
参考書物、文献
万病回春
臨床の漢方薬
やっぱり良く効く漢方薬
大塚敬節著作集
中医学総集編第2部

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー