下肢静脈瘤の漢方治療 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
下肢静脈瘤の漢方治療

脚の血管がコブのように(蛇のように)表面に浮き出る下肢静脈瘤。放っておくと肺塞栓症のような危険な状態に陥ることもあります。肺塞栓症とは脚の太い静脈(深部静脈)に詰まった血栓が血流に乗って肺に運ばれ、肺の動脈に詰まり、呼吸困難や胸痛などを引き起こす。心肺停止状態となることもある。 脚は第二の心臓ともいわれますが、脚の静脈では、筋肉の収縮がポンプの働きで血液を下から上へ押し上げています。そして、重力によって血液の逆流が起こらないよう、静脈には“弁”があります。この弁が何らかの原因で壊れると、血液が逆流し脚に溜まってしまします。もしくは下肢の深いところにある静脈に血栓(血液の塊)ができるために流れが変わり、下肢の表面近くの静脈の内圧(血管内の圧力)が上昇してできる静脈瘤ですこうして起こるのが下肢静脈瘤です。子宮筋腫や痔の既往歴があられる方に多いです。

<下肢静脈瘤の主な症状>

脚の重だるさ、脚のむくみ、夜間の脚のつり
血管が浮き出る(立った状態で)、脚の湿疹・かゆみ・色素沈着
手術をしても予後が良くない人も多い 

 
<下肢静脈瘤の漢方治療>

下肢静脈瘤は、静脈中のコブ=お血が原因と考えます。お血とは血の流れが滞り、塊やしこりができやすい状態。まずは、血の巡りを良くし、塊やしこりをとる活血化瘀という分類の漢方薬をよく使います。血の流れを整える活血作用と共に、血の流れを助ける生薬や散血の働きのある田七人参を使用することもあります。また、血管が弾力性を失うと、血液が末梢から心臓へ戻る力も弱くなります。 脈に張りと弾力を与え血管力をアップさせる事も大切です。

 

漢方薬は疎経活血湯,桃核承気湯,桂枝茯苓丸,五積散等様々です。 今年の患者様に桂枝茯苓丸を服用して頂き、1ヵ月後に蛇のような静脈瘤は潰れた感じになり立ち上がり時の痛みが消えました。 ”足が軽い、歩きやすい”と言って頂きましたが、血流の悪さから来る症状(肩こり、便秘)がまだ酷かったため、桃核承気湯を1週間分服用していただいたところ、”黒い便が便器一杯にでた”と連絡があり、その後は漢方薬を飲むのをやめて、軽くなった身体でゴルフ三昧だそうです。継続していただいた方が体質改善のため、これからの健康の為には良いんですが、元気になって楽しんでいるのなら,それは何より嬉しいことです。

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー