膠原病の解説 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
膠原病の解説

膠原病は1つの病気ではありません。全身の臓器に共通して存在する結合組織という部分に変化が起こるいくつかの病気をまとめて膠原病といっています。

  • 全身性エリテマトーデス
  • 関節リウマチ
  • ベーチェット病
  • シェーグレン症候群
  • 橋本病
  • バセドウ病
  • 全身性強皮症
  • 特発性血小板減少性紫斑病

 

まず免疫機能について解説いたします。免疫機能とは身体を健康に保つ働きをいたします。
働き方を2つにわけますと
①自己と非自己を識別する(自分と敵を見分ける)
②非自己(敵)を記憶して攻撃・排除する

 

自己免疫疾患の発生原因は「免疫の狂い」により
①の自己と非自己を識別する(自分と敵を見分ける)能力の低下です。
自分と敵とを区別できなくなると、本来はつくられにくい「自己抗体」がつくられてしまう。「抗体」とは非自己(敵)を攻撃・排除する分子です。ウィルスなどの敵を攻撃・排除します。「自己抗体」とは自己すなわち、自分を攻撃する分子です。自己抗体は自分自身の細胞や組織を敵と勘違いし、自分の細胞や組織を攻撃し、壊していきます。

 

膠原病
 ↓
自己と非自己の認識が狂う
 ↓
自己を攻撃する”自己抗体”を作る
 ↓
自己抗体が自身の身体を攻撃する。

 

サッカーでいうと、ボールをもった選手が狂ったために、自陣のゴールを攻撃しているようなものです。
日本国でいうと狂った自衛隊指揮官が自国を攻撃しているようなものです。

 

これを自己免疫疾患(膠原病)といいます。

 

日常のたび重なる食生活(保存料、添加物)や生活習慣の乱れによる身体的ストレスや、精神的ストレス、ホルモン、化学合成医薬品、細菌感染などにより、自己と非自己(自分と自分以外のもの)との識別能力にくるいが生じることから始まります。

 

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー