ベーチェット病の漢方治療 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
ベーチェット病の漢方治療

ベーチェット病はフルス・ベーチェットという医師が報告したのが始まり、名前の由来です。ベーチェット病を広い概念で表現すると、目、口、外陰部、皮膚の他に関節、血管、抹消・中枢神経、消化管などをおかす全身に症状が出る病気です。発症年齢は20~30歳代に多く、男女比は1.8:1です。若い男性に視力障害が多く、女性には眼症状を欠く不全型が多く見られます。血液検査では、好中球機能の亢進が認められます。ベーチェット病の原因は不明とされています。ベーチェット病の発症が一番多い国がトルコで10万人当たり100人以上で日本、韓国、中国などでは10万人当たり20人前後、西ヨーロッパでは50万人当たりに1人と地域間格差が大きいのもベーチェット病の特徴です。

ベーチェット病の症状には、目症状(ブドウ膜の炎症)、口腔粘膜症状(口内炎、アフタ性潰瘍)、外陰部症状、皮膚症状(結節性紅斑、にきび)、消火器病変、関節症状(皮下の血栓性静脈炎)、血管病変、副睾丸炎、神経病変などがあります。ベーチェット病の症状は自然治癒ことはなく、生命予後に影響を及ぼすといわれ、積極的な治療が必要です。

 
<ベーチェット病の漢方治療>

漢方は合う人と合わない人がいますので、特にベーチェット病は噂や聞きかじりの知識や素人判断で市販の漢方を試すというような事はしない方がいいと思います。問診をし中国医学の診断治療システムである弁証論治のもと熱証タイプ、寒証タイプ、口内炎、眼症状、皮膚症状それぞれに適切な漢方薬を選択する事が大切です。よく用いられる漢方薬を熱邪を清解し、湿邪を除去し、腎肝を滋養する事を基本とします。

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー