逆流性食道炎の漢方治療 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
逆流性食道炎の漢方治療

逆流性食道炎とは食道の炎症です。ストレスや暴飲暴食などによって胃酸や胃の内容物が食道に逆流するために起きます。食道は胃と異なり胃酸を防御する働きがないため、胃酸が逆流すると炎症が起きやすくなります。海外では以前から多い病気で、日本では少ないと言われていましたが、高齢化・食事の欧米化・診断の進歩により、日本でも非常に多い病気であることが分かってきました。ここ数年、漢方薬局にも様々な病院で逆流性食道炎の治療を受けているが症状改善がないという相談が増えてきています。

<逆流性食道炎の症状>

人により様々ですが胸やけ、ゲップ、みぞおちや上胸部痛、胸部違和感、不快感、喉の違和感、声のかすれ、腹部膨満感 、嘔吐また咳や喘息発作を引き起こす方もおられます。

 
<逆流性食道炎の漢方治療>

漢方治療では主に脾胃(消火器)の機能を助け、強くする体質改善の漢方薬を処方いたします。
また肝臓はストレスのクッション的な役割をはたします。その事により脾胃の消化吸収を助けている働きがあります。
もし精神的ストレスが強く、肝の機能が弱まっていると、肝機能を助ける漢方薬を出す事があります。
逆流性食道炎で使われる漢方薬は人それぞれでちがいますが、下記のような漢方薬を処方します。
六君子湯・参苓白朮散・人参湯・理中丸・茯苓飲・甘草瀉心湯・黄連湯・半夏厚朴湯・牛黄・複方熊胆円・熊胆円P

<逆流性食道炎の私生活の注意点>

逆流性食道炎は、精神的ストレスがベースになっている場合が多く、漢方薬を服用すると同時に、ストレスを処理する方法を見つける必要もあります。趣味やストレス発散を見つける事や、自分自身にご褒美の時間を作ってください。
ストレスを解消する方法として飲酒がありますが、少量では抗ストレス作用があるので逆流性食道炎に対し有益ですが、多量の飲酒では、多量の胃酸を分泌させるので逆効果となります。アルコールは程ほどにして飲みすぎには注意しましょう。嗜好品、香辛料とともにさけるのが原則となっています。コーヒーやタバコも控え方が良いですが、控える事によってストレスを溜めないようにされて下さい。

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー