不妊症の西洋医学的解説 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
不妊症の西洋医学的解説

不妊症は夫婦の約1割にみられると言われております。 子供を希望しておられて2年以上子供ができない状態の事をいいます。

<不妊症の原因>

男性に原因がある場合

  • 精液中に精液がない、もしくは少ない
  • 勃起不全、早漏などにより膣内に精子が入らない
  • 精子の通り道(精管)が塞がっている

女性に原因がある場合

  • 過度のストレス
  • ホルモンの分泌異常
  • 子宮筋腫や粘膜下筋腫
  • 子宮内膜症
  • 無排卵
  • 排卵回数が少ない

<不妊症の検査>

フナーテスト、頚管粘液検査、基礎体温、ホルモン負荷試験、子宮卵管造影、血中ホルモン検査、超音波検査、精巣検査、精液検査

<不妊症の治療>

ホルモン療法
クロミフェン(クロミッドなど)やhMG(ヒュメゴンなど)
受精卵の発育を助ける黄体ホルモン補充療法(デュファストンなど)
男性の場合はビタミン剤やホルモン剤
精管に閉塞がある場合や睾丸の血流を阻害する静脈瘤がある場合は、手術が行われることもあります。
環境の整え
タイミング指導
人工授精
体外受精
胚移植
顕微授精
不妊の原因に子宮内膜症や子宮筋腫が関係しているときは子宮内膜症や子宮筋腫の治療薬が投与されます。 腹腔鏡手術や開腹手術が行われることもあります。
クロミフェンは、3周期以上使うと子宮内膜が薄くなるなどの副作用があり、妊娠しにくくなります。 不妊治療薬は、排卵誘発剤に限らず、自然の性 ホルモン系に人工的に手を加えているのですから、副作用はある程度さけられません。

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー