子宮筋腫の漢方治療 | 安全・安心な商品をお届けします 漢方薬局の皇漢堂
ご注文はお電話でも承ります
子宮筋腫の漢方治療

子宮筋腫とは、 子宮の筋層の内部で女性ホルモンの影響によって内部組織が大きくなった腫瘍のことです。
子宮筋腫は良性の腫瘍(しゅよう)であり、ガンではありませんが、卵巣や卵管がふさがれて不妊症の原因となる場合があります。
子宮筋腫は筋腫結節のできた場所によって、粘膜下筋腫・筋層内筋腫・漿膜下筋腫の3種類に分類されます。子宮筋腫の原因は「女性ホルモン(エストロゲン)の影響が大きいと言われています。また晩婚化で妊娠が遅くなったり、少子化で妊娠回数が減少する傾向があります。そのためプロゲステロンの影響を十分に得られません。このような理由で子宮筋腫になる人が増加していると考えられています。

<子宮筋腫の症状>

無症状に経過し偶然に発見されることもあります。子宮筋腫の症状として見られるのは、過多月経、貧血、腰痛、頻尿、全身倦怠感、おりものの増加、などです。筋腫は一つの場合もあり、複数の場合もあり、大きさも人それぞれです。子宮筋腫自体は良性であり、むやみな手術を避け、経過観察を行うケースのほうがはるかに多いです。特に将来的に子どもを産みたいという場合はそうです。
手術を行うほど子宮筋腫が大きくなる前に、黄体ホルモンの投与で進行を抑え、鎮痛剤などの投与で症状を軽くできます。

<子宮筋腫の漢方治療>

どんどん大きくなってしまう進行性の筋腫の方や、もうすでに大きくなってしまっている方は、手術を念頭においていただいた上で、進行を遅らせたり痛みや不調などの症状緩和のために服用していただく形になります。子宮筋腫は可能ならば手術を避け、ホルモン剤などの薬物療法を行うのが通常ですが、このときに漢方薬を併用すると女性ホルモンのバランスを整え、治療効果が高いです。

漢方では子宮筋腫などの疾患の原因は、主に気のとどこおり「気滞」と血の巡りが悪くなる「お血」による古い血のかたまりが「肝」に影響をもたらす、あるいは生殖能力に関係する「腎」が弱くなったことと考えられています。

最適な漢方治療をうけるには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ばれて下さいませ。 あなたの体質や症状をしっかり聞いて判断し最適な漢方薬を処方いたします。

詳しい解説はこちらをご覧くださいませ。 気になる事等ありましたら、下記の連絡先まで気軽にお問い合わせ下さいませ。

<連絡先>
まずは気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。
電話番号 0120-238-378
メールでのお問い合わせはこちらから
カウセリング予約フォームもございます。
営業時間
月〜金:9時~18時30分まで
土曜日:9時~15時まで
(日曜祝日定休日)

LINEで送る

環境保全のため簡易包装・リサイクル包装にご協力お願いします
○梱包資材の減量のため簡易包装となる場合がございます。
○梱包資材にリサイクル品を使用する場合がございます
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

お問合せはこちらからどうぞ

健康に関すること、商品に関すること、些細なことでもでもかまいません。気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スパム防止のために、以下の文字を入力してください
captcha
 

スペーサー